コンタクトレンズはライフスタイルで選ぶ!ソフト、ハード、ワンデー、ツーウィークなど自分に合うコンタクトレンズが探せるサイトです

ハードコンタクトレンズのメリット


【目への酸素供給量が多い】

コンタクトレンズを付けていると
角膜(黒目)が酸欠を起こしてしまいます


しかし、ハードコンタクトレンズは角膜よりも小さいので
角膜を完全に覆ってしまうソフトコンタクトレンズと違って
角膜に酸素を供給する余地があります

また、ハードコンタクトレンズの場合
瞬きの度に、酸素を含んだ涙が角膜とレンズの間を通るので
これによっても酸素を供給できます

更に、従来のハードコンタクトレンズは
「PMMA」という
酸素を全く通さない素材で作られていましたが

現在発売されているほとんどのハードコンタクトレンズは
より目に優しい「O2」「RGP」といった
酸素を通す「酸素透過性レンズ」になっています

つまり
ハードコンタクトレンズを使用した場合
目に酸素を供給するには

・コンタクトレンズに覆われていない角膜部分から酸素供給
・酸素を含んだ涙で酸素供給
・レンズそのものを通して酸素供給

という、3種類もの方法があるんです

ハードコンタクトレンズを使用することで
目が酸欠になることによって生じる
様々なトラブルのリスクを軽減することができます

特に毎日、長時間コンタクトレンズを
つけっぱなしにしなければいけない方には

目に優しいハードコンタクトレンズをおすすめします

また、特に女性が気になる「目の充血」が起こりにくいのも
ハードコンタクトレンズです

ちなみに
過去のコンタクトレンズの誤った使用や、外傷の後遺症などで
これ以上目に負担をかけられない方は

ソフトコンタクトレンズを希望していても
ハードコンタクトレンズしか許可されない場合があります

【安全性に優れている】
ハードコンタクトレンズはレンズが水分を吸収しにくいので
雑菌が繁殖しにくいという特徴があります

そして、万が一、目にトラブルが起きてしまった場合は
装着時に強い痛みを感じるため
トラブルの早期発見に繋げることができます

【何と言っても経済的!】
現実的にハードコンタクトレンズユーザーが感じている
最大の魅力はその「価格」でしょう

メーカーによって異なりますが

一般的に酸素透過性のハードコンタクトレンズの寿命は2~3年です

ハードコンタクトレンズの価格は両目で2万円前後ですので
それを3年間使用すれば1年間のレンズ代は、約7,000円

2週間交換型のソフトコンタクトレンズの
1年間のレンズ代が、約20,000円なので
とってもお得なのです!

(実際には、これにケア用品代や定期健診の費用が加わりますが
 これは、ハードコンタクトレンズでもソフトコンタクトレンズ
でもほぼ同額です)

【屈折異常の矯正可能範囲が広い】

ハードコンタクトレンズにはソフトコンタクトレンズよりも
矯正することが可能な屈折異常の範囲が広いという特徴があります

ですから非常に強い(または特殊な)近視・乱視の方は
ハードコンタクトレンズしか使用できない場合があります


価格が安くて安心して購入できる通販ショップのランキング。 コンタクトは通販で買えば40%~60%も割安に購入できます♪。
ランキングへGo!

コンタクトを通販で購入するにはちょっとだけ知識が必要です。通販でコンタクトを購入する方法をわかりやすく徹底解説!
徹底解説へGo!