コンタクトレンズはライフスタイルで選ぶ!ソフト、ハード、ワンデー、ツーウィークなど自分に合うコンタクトレンズが探せるサイトです

分類(グループI~IV)


ソフトコンタクトレンズは以下の4種類に分類されています

ケア用品を購入する際には自分のコンタクトレンズの
グループに対応しているか確認しなければいけないので


今使用してるコンタクトレンズがどの
グループに分類されてるのか調べておきましょう


・グループI :非イオン性・低含水
・グループII :非イオン性・高含水
・グループIII:イオン性 ・低含水
・グループIV :イオン性 ・高含水


では、これらにはどのような違いがあるのでしょうか?


【非イオン性コンタクトレンズ】
・マイナスイオンを含まない素材でできている
・汚れにくい(イオン性コンタクトレンズの約300分の1)


【イオン性コンタクトレンズ】
・マイナスイオンを含む素材でできている
・酸素透過性が高いので、角膜にたくさん酸素を送ることができる
※マイナスイオンが目に優しいというわけではありません

【低含水コンタクトレンズ】
・含水率、つまり、水分を含む割合が50%以下
・水分が少ないので硬く、装着感が良くない
・目が乾燥しにくい


【高含水コンタクトレンズ】
・含水率がが50%以上
・水分が多いので柔らかく、装着感が良い
・目が乾燥しやすい


どうして水分を沢山含んでいる高含水コンタクトレンズのほうが
乾燥しやすいのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません

これは、高含水コンタクトレンズが自分自身の潤いを保つために
涙を吸収してしまうからなんです

ですから水分を沢山含んでいるコンタクトレンズのほうが
優れているというのは間違いで
実は、目に優しいのは低含水コンタクトレンズのほうなのです


価格が安くて安心して購入できる通販ショップのランキング。 コンタクトは通販で買えば40%~60%も割安に購入できます♪。
ランキングへGo!

コンタクトを通販で購入するにはちょっとだけ知識が必要です。通販でコンタクトを購入する方法をわかりやすく徹底解説!
徹底解説へGo!