コンタクトレンズはライフスタイルで選ぶ!ソフト、ハード、ワンデー、ツーウィークなど自分に合うコンタクトレンズが探せるサイトです

シリコーンハイドロゲルのデメリット

シリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズには
デメリットもあります


まず、シリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズのほうが
従来のハイドロゲル素材のコンタクトレンズよりも少し高価です。


レンズの種類によって異なりますが
同じ2週間交換型のソフトコンタクトレンズ同士で比較した場合
シリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズのほうが
1年間で約5000円ほど余分にコストがかかってしまいます。


そして、シリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズは
素材の特性上、やや硬めの質感をしているので
装着感があまり良くないというデメリットもあります。


ハードコンタクトレンズのように
あまりの違和感の強さに使用を断念する人が出たり、
常に違和感を感じたりするほどではないのですが
目が疲れたり、目の調子が悪い時などは
どうしても、少し、目がゴロゴロするような違和感を感じてしまいます。


ただし、シリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズには
従来のハイドロゲル素材のコンタクトレンズよりも
乾燥しにくいというメリットもあります。


総合的に見れば、長時間つけていても快適なのは
シリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズのほうだと言われていますが
やはり、少し好みが分かれるレンズでしょう。


ちなみに
ジョンソンエンドジョンソンの「アキュビュー・オアシス」は
シリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズにもかかわらず
装着感が非常に良いことで知られています。


シリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズの
違和感が気になるという方は
試してみてはいかがでしょうか


価格が安くて安心して購入できる通販ショップのランキング。 コンタクトは通販で買えば40%~60%も割安に購入できます♪。
ランキングへGo!

コンタクトを通販で購入するにはちょっとだけ知識が必要です。通販でコンタクトを購入する方法をわかりやすく徹底解説!
徹底解説へGo!